愛知県の牛乳屋さんの業界団体

愛知県牛乳商業組合

明治HDの第3四半期業績は減収増益で推移

明治HDが2月9日公表した21年3月期第3四半期の連結業績は、売上高が前年比5・3%減の9007億2800万円、営業利益は3・6%増の832億2700億円、経常利益は3・2%増の843億8400万円で減収増益となった。新型コロナウイルスの感染拡大で業務用の初期の躓きが響いたものの、プロバイオティクスなどの高付加価値商品の需要増などで増益を確保した。

日刊酪農乳業速報 2月10日号より

2021/02/17 | 新着情報

雪印メグミルクのQ3連結業績は微増収増益

雪印メグミルクが2月9日発表した21年3月期第3四半期の連結業績は、売上高が前年比0・3%増の4706億1900万円、営業利益が14・7%増の169億5500万円、経常利益が12・5%増の184億4500万円の微増収増益となった。家庭用商品の販売物量の増加や固定経費の減少などで増益に寄与した。

日刊酪農乳業速報 2月10日号より

2021/02/17 | 新着情報

森永乳業Q3、経常・営業利益共に過去最高

森永乳業が2月10日発表した20年度第3四半期の連結業績は、売上高が前年比1・3%減の4535億9900万円、営業利益が6・9%増の244億6500万円、経常利益が9・0%増の254億7600万円で減収増益となった。新型コロナウイルスの影響で家庭内需要が堅調に推移した一方、業務用乳製品の落ち込みで売上高は前年を下回った。ただ、プロダクトミックス改善や販促費の効率化などを通して増益を確保し、経常利益、営業利益とも過去最高を達成した。

日刊酪農乳業速報 2月12日号より

2021/02/15 | 新着情報

消費税・税込価格の表示(総額表示)について

令和元年の消費税引き上げの際に「消費税転嫁対策特別措置法」により販売価格表示は本体価格のみ(税抜き)での表示が特例として認められていました。

しかし、当該法の本年3月末失効に伴い、4月からは販売価格の価格表示は税込「総額表示」が適用されます。

全改協より

2021/01/22 | 新着情報

2020年酪農乳業界重大ニュース

酪農乳業速報など専門誌8紙で構成する酪農乳業研究会は、12月15日までに、20年の酪農乳業界重大ニュースを決めた。

1.コロナ禍で需要大混乱も生乳破棄はゼロ

2.学乳異例の3か月休止、官民挙げた支援広がる

3.家庭内調理・菓子作り機会増え、バター・チーズなど需要急増

4.脱脂粉乳・バター在庫が過去最高水準

5.生乳生産が増産基調

6.新たな酪肉近策定、10年後の目標生乳生産量780万㌧

7.「免疫」「健康」キーワードに菌体ビジネス活発化

8.チーズ総消費量、5年連続で過去最高を更新(19年度)

9.アイスクリーム市場、成長一服も5000憶円台堅持

10.輸出好調の乳製品、政府が輸出重点品目に

日刊酪農乳業速報 12月16日号より

2020/12/21 | 新着情報

↑ ページトップへ